ジオパークとは
地球科学的に価値の高い地質・地形のある自然遺産を保護・保全し,教育や防災活動, ジオツーリズム活動に活用し,地域の持続可能な開発を目指します。ジオパークでは, 自然・歴史・生活・食・文化などをとおして,地球の多様な物語を楽しむことができます。 ・日本では,ジオパークが急速に拡大しており,ジオパークの役割がますます重要になっています。 ・ユネスコの支援事業として行われてきた世界ジオパークネットワークの活動が,2015年11月に 「国際地質科学ジオパーク計画」としてユネスコの正式事業となりました。

   

くにびきジオパーク・プロジェクトとは

くにびきの地は、中国山地や日本海、そして国内最大の汽水湖(宍道湖・中海) の形成といった地球史のなかでつくられました。その変化に富む地質学的基盤は、 古代より多様な動植物や鉱産物資源を利用した産業を誕生させ、いわゆる出雲文化 の形成へと導きました。その歴史のなかで、国引き神話など多くの伝説が生まれ、 くにびきの地は神話のふるさととして有名です。 くにびきジオパーク・ プロジェクトとは、地層・岩石・火山にみられる地質学的に貴重な場所を基盤 として、そこに息づいてきた人々の歴史・文化をいま有機的に結びつけ、 ジオパーク化するためのプロジェクトです。