イベント情報

【3/18】「島根半島・宍道湖中海ジオパークシンポジウム」開催します!

[2018-01-22 13:14:42]

平成30年3月18日(日)の13:00-16:30に,くにびきメッセ 小ホールにて,「島根半島・宍道湖中海ジオパークシンポジウム」を開催いたします.基調講演には,国立研究開発法人産業技術総合研究所の高橋雅紀先生をお迎えし,「大陸から列島,そして山国へ.-日本列島2500万年のジオ・トラベル-」と題した講演をしていただきます.

 

詳細はこちら

29年度第2回現地探訪会のお知らせ

[2017-10-30 12:07:54]

以下の探訪問会は,台風接近に伴う雨のため11月26日(日)に延期しました.

ご参加希望の方はご連絡ください.

 

今年度第2 回目の現地探訪会では、「1400 万年前前後の岩石と化石を見よう!」をテーマに、国引きジオパーク構想南部丘陵山地のジオと文化を巡ります。南部丘陵山地エリアは、1,500 〜 1,400 万年前に起こった大規模な地殻変動を記録する場所として、また日本海形成終了後の約1,300 万年前に繁栄した暖温帯性の化石動物群が産する場所として価値が高いエリアです。出雲地域に住む我々にとってなじみ深い「来待石」は、なぜ古くから人々に利用されてきたのでしょうか?また、窪地にお堂(岩根寺)が建てられている柱を束ねたような見事な崖や、天を突くような岩山が見事な鞍掛岩、これらの場所はなぜこのような特異な形をしているのでしょうか?今回の探訪会では、これらの謎に迫ります。また、小田海岸では、約1,300 万年前の化石を観察・採取しながら、大昔の出雲地域の環境を体験します。

 

参加費:350 円(保険料100 円と来待ストーン入館料250 円)  

服装と持ち物:動きやすい服装・運動靴・お弁当・飲み物

 

※下の画像をクリックすると詳細な案内チラシがpdf形式でご覧いただけます.

 

 

(9/30)29年度第1回現地探訪会のお知らせ

[2017-09-06 18:40:27]

 今年度第1 回目の現地探訪会では、「佐太大神の足跡を訪ねる」をテーマに、加賀の潜戸周辺のジオ的、歴史・文化的な見どころを見学します。『出雲国風土記』によれば、佐太大神は、「加賀の潜戸」で生まれ、佐太神社で祀られている神様です。佐太神社のそばにある鹿島歴史民俗資料館では、縄文時代の佐太講武貝塚、弥生時代の人骨が出土した古浦砂丘遺跡、ユネスコ世界無形文化遺産「佐陀神能」の資料などが展示してあります。途中、マリンプラザしまね内にある国引きジオパーク構想ビジターセンター(案内所)も見学して、国引きジオパーク構想全体の見どころも学びます。

参加費:450 円(鹿島歴史民俗資料館入館料250 円、保険料200 円)  
服装と持ち物:動きやすい服装・運動靴・お弁当・飲み物
※強風等で遊覧船が出航できない場合は、桂島の見学を行います。

 

※下の画像をクリックすると詳細な案内チラシがpdf形式でご覧いただけます.

  

第27回大根島溶岩洞窟見学会

[2017-07-14 14:22:52]

7月23日(日)に,大根島溶岩洞窟の見学会が開催されます.

国指定特別天然記念物である「幽鬼洞」へも入洞します.

「幽鬼洞」へは年3回しか入洞できませんが,今回は今年2回目となります.

この機会をお見逃しなく!

詳細はこちら!

(3/5)シンポジウムのお知らせ

[2017-02-13 14:18:40]

くにびきジオパーク・プロジェクトセンターでは,3/5(日)13:00〜17:00まで,「くにびきジオパーク・プロジェクト」シンポジウムを開催いたします.

今回のシンポジウムでは,至誠館 大学・学長である原田憲一氏をお迎えし,「文化地質学」の観点 からジオパークを考えるとともに,国引きジオパーク構想のこれ からについて考えます.

皆様のご参加お待ちしております.

 

ちらし